• ホーム
  • 肌を若くする睡眠の取り方について

肌を若くする睡眠の取り方について

肌がきれいなので、嬉しくなる女性

肌にとっては睡眠がとても大切であるため、夜更かしをしたり、寝不足になってしまったりすると肌に悪影響が出てしまいます。
肌にとって大切な成長ホルモンは寝ている間に分泌されるため、眠りが十分でなかったり、質が悪かったりすることで肌に影響が出てしまいます。
肌を若くするためには、キチンと眠ることと共に、その質についても意識することが必要です。
肌を若くする眠り方としては、肌のゴールデンタイムに眠るということがあげられます。
肌のゴールデンタイムに眠ることで、成長ホルモンの分泌を盛んにすることができます。
成長ホルモンをたっぷりと分泌させることで寝いている間に新陳代謝が高まり、肌を若くすることができます。
肌のゴールデンタイムは22時から翌日早朝2時の間と言われています。
早い時間帯なので、肌のゴールデンタイムに眠ることが難しいという方もいらっしゃいますが、なるべくこの時間帯に眠れるように努力すると良いです。
質のよい睡眠をとるためには、四十度前後のぬるま湯の湯船に浸かって入浴することなどの工夫が効果的です。
寝る二時間くらい前に入浴することで、気持ちよく入眠することができます。
それによって質のよい眠りを得ることができます。
湯船に浸かることやお湯の温度を上げすぎないことなどがコツです。
高めの温度の湯船に浸かると、かえって眠りにくくなってしまいますので注意が必要です。
交感神経優位ではなく、副交感神経を優位にしたほうが良いですから、寝る直前までテレビを見ていたり、パソコンの操作をしたり、携帯電話を触っていたりするのはよくありません。
軽い運動や早起きも質の良い睡眠に繋がります。
規則正しい生活をすることも効果的ですから、ばらばらの時間に起きたりするよりも、同じ時間に起きるように心掛けたほうが効果を期待できます。

関連記事